見出し画像

【NFTプロジェクト紹介】 ふるさと納税でNFT(Game of the Lotus 遠野幻蓮譚)

HABET

HABETをローンチしてはや15ヶ月。あっという間に1年以上経っていました。最近はオフラインとの融合施策を考えていて、世の中の気になるプロジェクトをピックアップして記事にしていけたらと思っています。
(何が気になるかは中の人の独断と偏見ですので悪しからず)

オフラインとの融合、つまり「オフラインとオンラインをどう繋げるの?」言い換えると「デジタルコンテンツを持っていると現実の世界でどんな良いことがあるの?」というポイントはNFTに限らず論点になることが多いですが
地域活性化、という答えでサービスを展開しているプロジェクトを見つけました。

「Game of the Lotus 遠野幻蓮譚」は、地域に根ざした伝承を活用したデジタルコンテンツと、遠野という現実の地を実際に結びつけるNFTプロジェクトです。オンラインとオフラインにまたがるコミュニティを共通のコンテンツで結びつけ、新たな価値創造の手法に挑戦します。

『Game of the Lotus 遠野幻蓮譚(GOTL)』公式サイト(https://gotl.io/)より


こちらのプロジェクト、実はふるさと納税を検索している中で見つけました。
(ふるさと納税って1年中できるのにいつも年末に慌てて調べてます。夏休みの宿題を計画的に終わらせてた人はそうではないのでしょうか。。)


ふるさと納税で遠野市に寄付することで、キャラクタートークン(NFT)を返礼品として手に入れることができて
さらに遠野市内の対象の店舗や施設にチェックイン(QRコードをスマホで読み込み)すると、キャラクターの着せかえに使える追加のアイテムが出現するアイテムパックを入手できるそうです。

また、入手したアイテムは、Webアプリを通じてユーザー間で自由に送り合うことができるとのことで
ユーザー間コミュニケーションの場として遠野を応援している人たちや遠野に住む人たちが数百人たちが集まっているコミュニティ「TONO DAO」(Discordサーバー)が動いています。


そしてこのコミュニティに対しては、以下のようなDAOとしての機能が期待されているようです。

あえてゲーム性を作り込まず、NFTしか作らないのは、「どうゲームを遊ぶか、コミュニティの中でルールを持ち、維持してもらいたい」(事業を統括するスマートニュース執行役員・スマニューラボ取締役の佐々木大輔氏)という考えからだ。

DIAMOND SIGNAL「スマートニュースがNFT事業参入へ──地方自治体などと組んで「ご当地ゲーム」立ち上げを支援」(https://signal.diamond.jp/articles/-/1513)より


NFTに関するDiscordコミュニティは、ホワイトリストが欲しい!というユーザーによるものが大いに盛り上がっていた印象がありますが、TONO DAOがどのように盛り上がっていくのか、どんなゲームルールが作られていくのかが楽しみです。


参考サイト
『Game of the Lotus 遠野幻蓮譚(GOTL)』公式サイト(https://gotl.io/

遠野を旅する「遠野物語NFT(三山女神編)特別版」(https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03208/5580957

DIAMOND SIGNAL「スマートニュースがNFT事業参入へ──地方自治体などと組んで「ご当地ゲーム」立ち上げを支援」(https://signal.diamond.jp/articles/-/1513


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!