見出し画像

Immersive Museum開催記念・限定NFTデジタルカードを無料プレゼント!

HABET

モネをはじめとする「印象派」の芸術作品を新しい鑑賞形態で体験する没入型ミュージアム「Immersive Museum(イマーシブミュージアム)」を2022年7月8日(金)より、日本橋コレド室町1・日本橋三井ホールにて開催しています。


■Immersive Museum について
世界的に著名な芸術作品を映像コンテンツ化し、広大な屋内空間の壁面と床面全てを埋め尽くす没入映像と特別な音響体験を提供する新感覚体験型アートエキシビションです。従来の「鑑賞型」の芸術鑑賞のスタイルから「没入型」のスタイルを提供し、来場者に新たな芸術鑑賞の「視点」を提示します。従来の美術館のようなアナログアートから、最先端のデジタルアートへ新時代のアートコンテンツを展開し、日本のアート体験を拡張する“アート2.0”の象徴が「Immersive Museum」です。


この度、累計チケット販売枚数が5万枚を突破したことを記念し、来場いただいた方がより「Immersive Museum」を楽しんでいただけるよう、NFTデジタルカードをプレゼントしています。


■NFTデジタルカード取得方法
「Immersive Museum来場者限定デザインカード」
会場内に設置されたポスターに掲載されたQRコードをスマートフォンで読み取るとNFTデジタルカードが取得できます

「Immersive Museum開催記念デザインカード」
まだ来場されていない方にも特別にNFTデジタルカードをプレゼントしています。こちらより取得できます。

※NFTデジタルカードの取得にはHABETのアカウント登録が必要です。
お持ちでない方は登録後にNFTデジタルカードが取得できます。


訪れた方のみが知る、その没入感は一度体験すると夢中になること必至です。この夏、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。新感覚体験の思い出にNFTデジタルカードの取得もお忘れなく!


■Immersive Museum実施概要
イベント名:Immersive Museum(イマーシブミュージアム)
期間:2022年7月8日(金)~2022年10月29日(土)
ご好評につき、土曜・日曜・祝日は9:00よりオープン致します。
時間:【平日】 10:00-21:00(20:20最終入場)
【土日祝】9:00-21:00(20:20最終入場)
場所:日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1-4F)
アクセス:銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結
東京メトロ「日本橋」駅から徒歩7分
山手線・中央線・東海道線「東京」駅 日本橋口から徒歩9分
主催:Immersive Museum日本橋実行委員会
株式会社電通
佐々木ホールディングス株式会社
(グランドシネマサンシャインほか、全国14サイトの映画館を運営)
協力:Yogibo
公式サイト:https://immersive-museum.jp/
公式SNS:Twitter https://twitter.com/MuseumImmersive
Instagram https://www.instagram.com/immersive.museum/
チケット:https://immersive-museum.jp/
入場券:大人 2,500円(税込) / 中学生・高校生・専門学生・大学生 1,500円(税込) /小学生以下 無料
・小学生以下のお子様のみでの入場はお断りしております。必ず保護者の方と入場いただきますようお願いいたします。
・保護者お1人様に対して小学生以下のお子様は最大3名様までご同伴頂けます。
主管/企画制作:株式会社電通 株式会社ドリル


■NFT獲得のQRコード設置個所
展示ホール出口付近 カフェ付近 エスカレーター付近
※会場の状況次第で場所は変更される可能性がございます。


■HABETとは・・
「HABET」は、NUNW(ニュー)が運営するデジタルトレーディングカード専門のNFTマーケットプレイスです。
映像、音声、画像、URLなどのデータを添付したデジタルトレーディングカードをNFTとして「発行」「売買」「閲覧」することができます。
世の中に一枚しかないユニークカード「ユニーク」と、シリアル番号付きの「シリアル」の2種類のカードを発行することができ、販売方法は「定額販売」「抽選販売」「オークション販売」の3種類。カード所有者以外からも、カードオーナーが明らかにされた上でカードを閲覧することができます。
また、カード発行者が作成したプレゼントコードをサイト内で登録することで、無料のプレゼントカードを受け取ることができます。
Web3.0時代の到来により、個人がサービスのプロバイダーとなり、個人同士で経済的なサービスを提供できるようになる中で、個人が価値のある有料のコンテンツを発信し保管するためのサービスを提供します。
公式サイト https://habet.me/






みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!